ブロックチェーンとは?

【NFTとブロックチェーンの関係性】これさえ読めばブロックチェーンが理解できます

こんにちは。NFT研究家のHARUです。

 

前回「NFT」を解説させてもらいました・・・。

まだ、「NFT」の記事を読まれていない「あなた」はまずは「NFT」を読んだ方が理解が深まると思います。

 

【NFTとは簡単に解説】これさえ読めば「NFT」の全容が掴めます!!
【NFTとは簡単に解説】これさえ読めば「NFT」の全容が掴めます!!こんにちは。NFT研究家のHARUです。 今、水面下で身を潜めている「NFT」・・・。 端的に説明すると、「NFT」...

 

さて、今回は、「NFT」と「ブロックチェーン」の関係性について解説していきたいと思います。

ブロックチェーンとは「第二のインターネット」と定義できます。

HARU
HARU
イメージがつきにくいので図で示したいと思います。

 

イメージ図1

従来のインターネット

中央にサーバーがあり、サーバーでデータの記録している。

サーバーがダウンしてしまうと機能しなくなる。

 

イメージ図1はなじみがあるので、すぐに理解できると思います。

 

イメージ図2

ブロックチェーン イメージ

サーバーばなくデータの管理は相互に共有している

イメージ図2の、ブロックチェーンは、形は理解できると思います。

しかし、中身を見ていくと、

 

分からないMASA
分からないMASA

サーバーがなくても大丈夫なの??

パソコン相互間のルールがどうなっているんだろう??

というように、さまざまな疑問が浮かんでくると思います。

実際、僕も理解するまで時間がかりました・・・。

 

 

「NFT」のことを検索していくと、「ブロックチェーン」はよく目にすると思います。

そこで、少し前の僕は、

HARU
HARU
ブロックチェーンってなんだろ??

岩と鎖??

って思って、いろいろ、調べてみました。

でも、

 

HARU
HARU
何を書いているのかさっぱり分からない・・・。

「ブロックがチェーン」で繋がれている・・・。

え??なにそれ??

って感じでした💦

それなので「あなた」もきっと、こんなことで困っていると思います。

「あなた」の悩み

・「ブロックチェーン」を読んでも読んでも理解できない人

・普段聞きなれない内容が頭に入ってこない人

・「NFT」と「ブロックチェーン」関係性が頭に入ってこない人

 

HARU
HARU
実は、この「NFT」は「ゼロ発信」です✨

 

しかし、最新技術を読み解いていくうちに、すごく興味が出てきて、これを「あなた」に届けることによって、「役に立てる」んじゃないかって思いました。

そして、「NFT」が台頭してきたときに乗り遅れないように、大きな一歩を踏み出していけたらと思います。

 

「ブロックチェーン」は「NFT」と切っても切れない関係です。

「NFT」の記事でもお伝えしましたが、「NFT」の最大のメリット、「価値を自分で決めて販売することができる」というところを最終解説にします。

 

この記事の結論

・チェーンブロックは、第二のインターネットとして取り扱われます。

・NFTとブロックチェーンの関係性(メリット)は改ざんすることが不可能なので取引した情報が全て残っています。

・NFTとブロックチェーンの関係性(デメリット)は個人情報をブロックチェーン内に入れてしまうと消すことができません。

あっちゃん
あっちゃん
今度も、難しい話だね・・・・。

ブロックチェーンかな??どういう技術なの??

 

HARU
HARU
話をカンタンにしたら、「NFT」に応用したら、「不正なことができない技術」かな!!

あっちゃんは、インターネットで、買い物したときにどんなことが、怖いかな??

 

あっちゃん
あっちゃん
気に入ったものを買ったとしても、購入したものが送られてこないことかな・・・。
HARU
HARU
そうなんだよね・・・。そういった、「購入時のトラブル」=不正がホントにこわいよね💦インターネットで買い物をするだけにね

だけど、ブロックチェーンの技術を使ったら、不正をすることができないってことなんだよね。

 

あっちゃん
あっちゃん
なるほとね~。

だから、「安心して」インターネットで購入することができるってことなんだ!!

インターネットでの「安心感は絶対」だと思うからね!!

 

HARU
HARU
(よかった!!あっちゃんにスムーズに解説することができた✨)

でも、僕も、ここまで理解することにすごく時間がかかっちゃって・・・

ブロックチェーンも専門性が高すぎて、僕の頭では理解が追いつきませんでした💦

 

今回も、「僕がこう説明されたら、メッチャ分かる」というHARU目線(低レベル過ぎて恐縮ですが・・・。)で解説していこうと思います!!

 

 

この記事は【NFTとブロックチェーンの関係性】について3点にまとめました。

僕もわからないことがいっぱいですが、「あなた」と一緒に勉強できたらと思います。

 

【NFTとブロックチェーンの関係性】 【3点】

チェーンブロックは、第二のインターネットとして取り扱われます

情報をサーバーで管理しいているのではなく、各パソコンやスマートフォン(ノード)で情報共有して管理している。

チェーンブロックは、各種媒体(パソコン、スマートフォン)内で情報の管理をしています。(サーバーが存在していません)

 

なぜなら、現状のインターネットのようにサーバーが停止しても、機能が停止しないからです。

あっちゃん
あっちゃん
イマイチ「ピン」とこないんだけど、どういったことなの??
HARU
HARU
文字だけだと分かりずらいから、さっきの表を使うね!!

 

これが今までのインターネットの形となります

 

従来のインターネット

従来型は、中央にサーバーがあり、情報を集約させているというものでした。

たとえば、よく耳にするのが、ニュースで銀行がシステム障害(中央の管理しているサーバー)を起こしてしまうと、ATMでお金が下せないなんてことがありますよね!!

まさに、サーバーに情報が集中していているからなのです。

 

こちらが第二のインタネット(ブロックチェーン)になります。

ブロックチェーン イメージ

各媒体(パソコンやスマートフォン)が、サーバーの役割をしています。

サーバーのように情報を集約しているところが一つではないので、システムがダウンしても機能し続けます。

 

HARU
HARU
一つ注意しておくべきなのが、ブロックチェーンは、全てのインターネットを含んでいるのではなく、一つの事象ごと(たとえば、銀行ごとにブロックチェーンが存在して、お金の管理をしている)にブロックチェーンが存在していることになります。

 

つまり、利用するシステムごとにブロックチェーンがあるって感じです。

ブロックチェーンを作っている世界観は分かったと思います。

次に、各パソコンがサーバーの役割をしているのか、そしてなぜ安全に利用できるのか解説していきます。

 

情報を集中させていたサーバーの役割をする台帳型分散技術

 

先ほどお伝えしたように、以前の技術は情報をサーバーに集中させていました。

しかし、ブロックチェーンは各媒体(パソコンやスマートフォン)に情報を集約したブロック(台帳)を置いていて管理をしています。

ブロックチェーン イメージ

それなので、仮に図の一番上のパソコンが機能しなくなったとします。

すると、その他のパソコンでも情報を共有しているので、以前のような情報がダウンしてしまうことがなくなりました。

 

完璧なセキュリティの暗号学的技術

 

あっちゃん
あっちゃん
だけど、複数に情報を共有していたら、セキュリティ的に危険じゃない??大丈夫なの??

って思いますよね!!

HARU
HARU
各ブロック間には、複雑な暗号が組み込まれていて(図の矢印がチェーンに当たります)、その暗号同士が合致しないとブロック間のチェーンが機能しません。

要は、改ざんしようとすると、チェーンがつながらなくなるので、その時点で「不正」として検出されるということになります。

※その複雑な暗号というのは、例えば、全半角英数字の34桁の組み合わせになります。

(FSFDdRfJ9hT9Y8sN6gDeB4fet22jERHTG)←例えばこんな暗号になります。

 

 

不正なく解読しようとしたときには、ルパン三世の技術が必要だと言われています。

 

冗談です(笑)

 

 

あっちゃん
あっちゃん
話が凄く難しいね💦

単純にどういうことになるのかな??

HARU
HARU
簡単に言うと、

①各種媒体でデータを管理(台帳分散型技術)している。

②データはブロックの中で管理している。

③ブロックはチェーンというネットワークで結ばれていて、複雑な暗号化で繋がれている(仮に暗号にエラーが出た場合、改ざんされていると検知される)。

というようになります。

これが、第二のインターネットと呼ばれているブロックチェーンになります。

 

 

小まとめ

ブロックチェーンの理解はこの3点になります。

①各種媒体(パソコン、スマートフォン)でデータを管理している。

②データはブロックの中で管理している。

③ブロックはチェーンというネットワークで結ばれていて、複雑な暗号で繋がれている(仮に暗号にエラーが出た場合、改ざんされていると検知される)。

今までにない技術なので、第二のインターネットと呼ばれています。

 

NFTとブロックチェーンの関係性(メリット)改ざんすることが不可能なので取引した情報が全て残っています

ブロックチェーンで、不正なく安心して取引が行われます。

 

ブロックチェーンのおかげで、NFTの取引が安心してできるようになりました。

なぜなら、上でお伝えしたように、ブロックチェーン上では情報を改ざんできないから、不正を行うことが不可能だからです。

HARU
HARU
インターネット上で取引をする場合、セキュリティがちゃんとしているか怖いよね💦

ってどうしても思ってしまします。

特に高価なもや、価値が高いものを取り扱う場合はなおさらです。

「NFT」は価値の高いもので、価値で金額が高騰します。

「NFT」の理解ができていない「あなた」はもう一度確認してみましょう!!

 

【NFTとは簡単に解説】これさえ読めば「NFT」の全容が掴めます!!
【NFTとは簡単に解説】これさえ読めば「NFT」の全容が掴めます!!こんにちは。NFT研究家のHARUです。 今、水面下で身を潜めている「NFT」・・・。 端的に説明すると、「NFT」...

 

HARU
HARU
取引をする上で、安心感は絶対です。

安心がないと、取引ができません。

ブロックチェーンのセキュリティーの高さは先ほどお伝えしたとおりです。

それなので「NFT」の取引が安心しておこなわれるので、ブロックチェーンがうってつけなのです。

「NFT」(価値のある高価なもの)+安心した取引場所=ブロックチェーン上ということになります。

 

 

小まとめ

「NFT」とブロックチェーンの関係性(メリット)は、ブロックチェーン上で取引を行うと、セキュリティーが万全なので安心しておこなうことができます。

NFTとブロックチェーンの関係性(デメリット)で個人情報をブロックチェーン内に入れてしまうと消すことができません

一度入力したデータは二度と編集、書き換えをすることができません。

ブロックチェーン内で、データーを入力すると、編集、書き換えをすることができません。

ブロックチェーン上ではデータを共有しあっているので、事実上編集、書き換えは不可能となるからです。

 

もう一度、こちらの図を参考にして、考えて見ます。

ブロックチェーン イメージ

ブロックチェーンでは、情報の管理がサーバーではなくパソコン同士で情報を共有しています。それぞれのパソコンに情報が入っています。

仮に、上の図だけを考えた場合、情報を訂正しようとしたときに、5台のパソコンの情報を訂正しないといけなくなります。

しかし、この現実世界にパソコンのような媒体がいくつあるでしょうか??

HARU
HARU
誤って、情報を入力してしまったら、二度と訂正することができません。

 

さらに注意することがあります。

ブロックチェーン上には個人情報を入れないことです。

個人情報を入れてしまったら最後、訂正や削除することができません。

それなので、取引をする上で、情報の入力ということは慎重にならないといけません!!

 

HARU
HARU
しかし、逆にいったら、上のメリットのように情報を改ざんできないってことにもなります!!

 

小まとめ

「NFT」とブロックチェーンの関係性(デメリット)は、情報の訂正や削除ができないため、取引情報を入力するときには注意が必要です。

※特に個人情報を入力すると、大変なことになります。

まとめ

まとめ

① チェーンブロックは、第二のインターネットとして取り扱われます。

ブロックチェーンの理解はこの3点になります。

①各種媒体(パソコン、スマートフォン)でデータを管理している。

②データはブロックの中で管理している。

③ブロックはチェーンというネットワークで結ばれていて、複雑な暗号で繋がれている(仮に暗号にエラーが出た場合、改ざんされていると検知される)。

今までにない技術なので、第二のインターネットと呼ばれています。

② NFTとブロックチェーンの関係性(メリット)は改ざんすることが不可能なので取引した情報が全て残っています。

ブロックチェーン上で取引を行うと、セキュリティーが万全なので安心しておこなうことができます。

③ NFTとブロックチェーンの関係性(デメリット)は個人情報をブロックチェーン内に入れてしまうと消すことができません。

情報の訂正や削除ができないため、取引情報を入力するときには注意が必要です。

※特に個人情報を入力すると、大変なことになります。

 

いかがだったでしょうか?

 

HARU
HARU
今回も、かなりかみ砕いて、要約だけをお伝えしました。

今回お伝えしたかったのは、

ブロックチェーンは今までにない技術で、第二のインターネットと呼ばれています。

①各種媒体(パソコン、スマートフォン)でデータを管理している。

②データはブロックの中で管理している。

③ブロックはチェーンというネットワークで結ばれていて、複雑な暗号で繋がれている(仮に暗号にエラーが出た場合、改ざんされていると検知される)。

になります。

 

あっちゃん
あっちゃん
要はセキュリティーが万全ってことなのかな??

 

HARU
HARU
そうなんです!!

「NFT」自体が、価値のあるもので、価格が高騰してしまうから、取り扱う上で、セキュリティーが問題だったんだよね💦

今の時代、インターネットを使わない手はないから、インタネット+セキュリティー=ブロックチェーンってことになるんだよね!!

あっちゃん
あっちゃん
なるほどね・・・。時代が進みすぎていてなかなかついていけないね💦

今後も「NFT」からは目が離せないね!!

これからも情報提供お願いね!!

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!

一緒に「NFT」を学んでいきましょう!!

 

ブログ村に参加しています。↓のコマンドを「ポチッ」としていただけたら、大変うれしく思います!!

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。