NFTとは?

【NFTとは簡単に解説】これさえ読めば「NFT」の全容が掴めます!!

こんにちは。NFT研究家のHARUです。

 

今、水面下で身を潜めている「NFT」・・・。

端的に説明すると、「NFT」とは「デジタル資産」のことを指します。

「NFT」の最大のメリット何でしょうか??

それは「価値を自分で決めて販売することができる」ということになります。

しかしながら、つい最近の僕は、

HARU
HARU
え??NFT??また、アイドルユニットができたの??

っていうレベルで、全く無知でした💦

 

HARU
HARU
まさに、「ゼロ発信」なのです✨

 

しかし、読み解いていくうちに、すごく興味が出てきて、これを「あなた」に届けることによって、「役に立てる」んじゃないかって思いました。

なぜならば、超、超、超最先端技術だからです!!

つまり、この技術を理解しておけば、「NFT」が台頭してきたときに乗り遅れずに済みます。

そう、虎視眈々と準備を進めておく必要があるからです。

さきほとお伝えした、「NFT」最大のメリット、「価値を自分で決めて販売することができる」というところを最終解説にします。

 

さて今回は、「NFT」とはを簡単に解説していきます!!

 

あっちゃん
あっちゃん
よく「NFT」を検索すると「代替不可能なトークン」って言い表せているけど、結局何なの??

って思っちゃいますよね・・・。そこからまず「NFT」の理解ができません・・・。

HARU
HARU
実は僕もそうでした・・・。読んでみると、単語は分かるのですが、文章にして読むと、理解ができません💦

理解に一週間費やしました(笑)

その成果をここで見せたいと思います!!

それなので「あなた」もきっとこんなことで困っていると思います。

「あなた」の悩み

・「NFT」を読んでも読んでも理解できない人

・日本語訳の「代替不可能なトークン」を読んでも意味が分からない人

・トークンって「何??」って思っている人

・結果的に、技術がどう凄いのか分からない人

ちなみにですが、この記事では、「僕がこう説明されたら、メッチャ分かる」というHARU目線(低レベル過ぎて恐縮ですが・・・。)で解説していこうと思います!!

 

この記事の結論

・【NFTを簡単に解説①】NFTとは「デジタル資産」のことです。

・【NFTを簡単に解説②】「NFT」はデジタルアートに注目が集まっています。

・【NFTを簡単に解説③】使用できるのは仮想通貨圏内のみ。

 

あっちゃん
あっちゃん
話がメチャクチャ難しいね・・・。横文字ばかりだと、なかなか理解ができないよ・・・。
HARU
HARU
ありがとう!!そのボヤキは本当にうれしいよ!!

まず、言葉を聞きなれないから、理解することに時間がかかっちゃうんだよね・・・。他のサイトの記事を見ても、同じような事ばかり書いているから・・・余計に混乱しちゃうんだと思うよ!!

だけど安心して!!

僕が限りなく「たとえ話」をつけて、理解が深まるように心がけるから!!理解できなかったら、乗り遅れちゃうもんね・・・。

僕は、「あなた」が乗り遅れないように、最大限サポートしていきたいと思います!!

この記事は【NFTを簡単に解説】するため3点にまとめました。

僕もわからないことがいっぱいですが、「あなた」と一緒に勉強できたらと思います。

 

 

【NFTを簡単に解説】 【3つ】

【NFTを簡単に解説①】「NFT」とはデジタル資産のことです。

NFTは唯一無二のもの(オリジナルはこれ一点だけです)ということを証明できます。

「NFT」は「デジタル資産」のことで、「唯一のモノです」と照明できるようになりました。

 

なぜなら、そのデジタル資産に識別できる番号をつけることができるからです。

 

あっちゃん
あっちゃん
え??

でも、モノが存在していたら、所有者って明確になるものなんじゃないの??

たとえば、車とか携帯電話とか、識別番号がつけてあるよね??

 

HARU
HARU
身近にあるものだったら、そうなるよね!!

それを理解した上で、例えば「ネット上に置かれている絵」とかはどうだろう??

あっちゃん
あっちゃん
ネット上に「絵」が置かれていたとしたら、今の時代、間違いなくコピペされて、ネット上に出回るだろうね・・・。

どれがオリジナルかわかんなくなっちゃうよ・・・。

 

今いい話が出ました。「NFT」とは今の話の組み合わせたものになります。

 

HARU
HARU

つまり、「NFT」とは、ネット上のモノ(今回は絵で表現しましたので絵で説明します)に対して、「自分のモノとわかるように、識別できる番号をつけて、所有者をはっきりした」ということになります。

これが「NFT」がデジタル資産として訳されているわけです。

あっちゃん
あっちゃん
なるほどね・・・。

だとしたら、コピペされて、「絵」が無限に出回ったとしても、識別できる番号があることで「デジタル資産」として「価値」を保有し続けることができるね!!

もう一ついいかな??

よく、「NFT」を検索していたら、代替不可能なトークンって解説指定を目にするんだけど・・・。

「代替不可能」って部分がまだ理解できないよ・・・。

「代替トークン」っていうのも存在するのかな??

じゃあ、代替可能な場合と、代替不可能なのもを例に題して考えていきます。

 

代替トークン(FT)

 

100円のモノが100円で交換されることです。

これは難しく考えなくても生活の中で体験しています。

たとえば、スーパーに行って、100円の品物に対して100円を払っている感覚です。

 

代替不可能なトークン(NFT)

 

あっちゃん
あっちゃん
問題はこれだよ・・・。全く意味が分からん💦

 

この概念は一万円札を例に出して考えたいと思います。

設定として、この一万円札は昭和64年に発行されて、発行番号が印刷ミスでゾロ目になっているとします。

HARU
HARU
実際、この一万円札には、かなりのプレミア(昭和64年は7日しかなかったこと、さらにゾロ目)がついていると思います。

そうなった場合、一万円の価値に収まりません。

つまり、一万円の価値を超えているので、一万円で交換することができません。

これが「代替不可能なトークン」ということになります。

あっちゃん
あっちゃん
なるほどね・・・。メッチャわかりやすかったよ。

要は「価値」が加わった時に、元値とは交換することができないってことなんだね!!

 

補足 自分で価値を決めることができます。

 

 

HARU
HARU
価値を決めれることが、「NFT」の面白いところだと僕は思っています。

たとえば、「NFT」で売買されている「絵」(NFTアートと呼んでみたいと思います)を実際例に上げてみます。

NFTアートを作る際に実際かかっているコストってどれくらいでしょうか??

電気代??労力??コーヒーを飲みながら行っていたら、コーヒー代もでしょうか??

そして、できた絵が、デジタル的なアート(SNSのアイコンに使用できそうなでNFTアート)だったとします。↓はイメージです。

HARU
HARU
実際かかったコストというのは、消費税込々でも5000円に満たないと思います

この、NFTアートが5000円で取引されているのでしたら、理解することができます。

しかし、実際のNFTアートはかなり高額で売買されています

 

HARU
HARU
これが、「NFT」の代替不可能と言われているゆえんで、「価値」を金額として付けています

こういったことが可能な世界なのです。

 

あっちゃん
あっちゃん
いやいや、HARUぅぅー!!ちょっと待ってよ!!

その金額って有名なアーティストが描いたアートだからでしょ??

 

HARU
HARU
あっちゃん、質問ありがとう!!

有名なアーティストが描いたから価格が高くなったということが一般的な考え方ですよね!しかし、下の記事を見てください。

 

 【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか

【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか | Business Insider Japan

 

HARU
HARU
この記事では、小学生がNFTアートを描き、380万円の価値がついたもになります。決して、有名なアーティストではないことに注目です。

これを考えると、NFT(アート)では、「価値」のみが価格を上げる要因になります。

それなので、NFTアートの金額は「価値」で変動します。

 

「トークン」とは「証拠品」です

あっちゃん
あっちゃん
まだまだあるんだけど、トークンって聞きならないから、頭の中で整理できなくて、迷うんだよね・・・。

 

HARU
HARU
その気持ち分かります!!

僕も、なかなか整理ができませんでした💦

トークンとは「しるし」「証拠品」ということになります。

 

「NFT」を完全に日本語訳をすると、「代替不可能な証拠品」となります。

それなので、上で説明して「NFTアート」がトークンになります。

あっちゃん
あっちゃん
なるほと!!

ようやく用語の整理ができた気がするよ!!

最先端技術ってなかなか頭に入ってこないね💦

HARU
HARU
いやいや、あっちゃんだけではないよ💦僕もそうだから💦

理解するまで、すごく時間がかかっちゃった・・・。でも、一応説明できるくらいまで読み解いたからね✨

 

 

小まとめ

NFT(デジタル資産)の要点

①「NFT」の取引はネット上で行われます。ネット上のモノに対して、自分のモノとわかるように、識別できる番号をつけることができ、所有者が誰かはっきりわかる技術です。

②「NFT」の「代替不可能」という意味は、モノに「価値」が加わった時に、モノの原価と交換することができません

「NFT」は「価値」により金額が変動します。

④「NFT」のトークンとは「証拠品」と訳され「デジタル資産」のモノのことを指します。

 

【NFTを簡単に解説②】「NFT」はデジタルアートに注目が集まっています。

「誰も使っていない」、「誰も見たことがない」「個性がある」ことに注目があつまっています。

現状の「NFT」ではデジタルアートに注目が集まっています。

なぜならば、SNSの普及が拍車をかけているからです。

あっちゃん
あっちゃん
SNSの普及??それが一体何に関係しているの??

たとえば、SNSのアイコン設定を行う際に、「あなた」はメチャクチャ悩みませんか??

悩み人
悩み人

アイコン設定って悩むよなぁー。自分の顔なんて出したくないし・・・。

風景やマンガのキャラクターなんてありきたり過ぎるし・・・。

もっと個性があって、誰も使っていないキャラクターってないのかな??

って思いますよね!!

だれも「使っていない」、「個性があること」がポイントなのです。

これが「NFT」で取りあつかわれているデジタルアートですが、このキャラクターを見たことがありますか??

あっちゃん
あっちゃん
全くないよ・・・。

けど、個性がかなり強いね!!

 

そう!!全く知られてなく、個性が強いのです!!

つまり、デジタルアートには「唯一のキャラがあり、個性を求めて、SNSのアイコン設定をしてしまいたい」と思わせてくれます。

実際、ちらほらと、有名人がデジタルアートのアイコン設定を行っている例もあります。

HARU
HARU
このように、自分が憧れている芸能人や有名人が、SNSのアイコンをデジタルアートにしていたら、「自分もしてみたい」って思うはずです。

しかも誰にも負けないようにいち早く設定したくなります!!

そうやって、満足したくなるのです。

このように、徐々にデジタルアートは注目されています。

また、企業も注目しています。

一例を出すと、あのスクエアエニックスが出しています。

スクエニ、初のNFTデジタルシールを販売                                           スクエニ、初のNFTデジタルシールを販売──LINEマーケットで二次流通(CoinDesk Japan) – Yahoo!ニュース

 

つまり、企業も注目していて、企業のキャラクターを使用することができます。

逆に、企業も「個性を求めている」ので、唯一のキャラクターを「NFT」に求める可能性が十分にあります

 

 

小まとめ

デジタルアートでは、「他にはない唯一のアート」を作り出すことができるので、「価値」がつきやすいです。

 

【NFTを簡単に解説③】使用できるのは仮想通貨圏内のみ。

「NFT」でデジタル資産を購入する場合、仮想通貨が必要です。

なぜならば、インターネット上で取引が行われるからです。

あっちゃん
あっちゃん
なるほど!!インターネット上でデジタル資産の売買が行われるから、仮想通貨が必要なんだね!!

でもどうしてなの??

HARU
HARU
これは単純な話だね!!

インターネットという仮想の世界で売買が行われます。

そこで、共通の通貨が必要となるためです。

あっちゃん
あっちゃん
たしかにそうだね💦

よくわかったよ✨

 

 

小まとめ

「NFT」の売買は、インターネット上で行われるため、共通の通貨として仮想通貨が必要です。

 

2 まとめ

まとめ

【NFTを簡単に解説①】NFTとは「デジタル資産」のことです。

NFT(デジタル資産)の要点

①「NFT」の取引はネット上で行われます。ネット上のモノに対して、自分のモノとわかるように、識別できる番号をつけることができ、所有者が誰かはっきりわかる技術です。

②「NFT」の「代替不可能」という意味は、モノに「価値」が加わった時に、モノの原価と交換することができません

「NFT」は「価値」により金額が変動します。

④「NFT」のトークンとは「証拠品」と訳され「デジタル資産」のモノのことを指します。

【NFTを簡単に解説②】「NFT」はデジタルアートに注目が集まっています。

デジタルアートでは、「他にはない唯一のアート」を作り出すことができるので、「価値」がつきやすいです。

【NFTを簡単に解説③】使用できるのは仮想通貨圏内のみ。

「NFT」の売買は、インターネット上で行われるため、共通の通貨として仮想通貨が必要です。

 

いかがだったでしょうか?

 

HARU
HARU
かなりかみ砕いてお伝えしたつもりですが、実際、僕が理解していても「伝え方」が難しいと思いました。

しかし、今回お伝えしたかったのは、

①「NFT」は「デジタル資産」であること。

②「NFT」には「価値」をつけることができて、原価と「価値」が変わってくる。それなので代替不可能なトークンと言われている。

③①、②の条件をふまえた「デジタルアート」が現状では売買されていること。

になります。

あっちゃん
あっちゃん
なんとなく全体像がわかったよ!!

「NFT」って「デジタルアート」以外にも応用はないの??

HARU
HARU
別のモノにも使用されています。

その説明は、また次回におこないます。

今回は「NFT」を簡単に説明させていただきました。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!

一緒に「NFT」を学んでいきましょう!!

 

ブログ村に参加しています。↓のコマンドを「ポチッ」としていただけたら、大変うれしく思います!!

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。