STEPN

STEPNの運動するまでの4つの知識【知らないと獲得GSTが最大化しません】

こんにちは!!HARUです。

先にお伝えしておきます!!

 

日ごろ、ごひいきにして下さっている「あなた」にお伝えする僕からの感謝の気持ちです。

ドンドン、このコンテンツを作っていって、「あなたを稼がせること」に特化していきます。

※相談が多かった内容や、僕の経験談をふんだんに盛り込んだ内容となっています。

 

HARU
HARU
他には出回っていない少々エッジが効いたものも盛り込んでいきたいと思います。

 

今回のサポートコンテンツの内容は、

1.シューズの受け取り方

2.シューズのクールダウンとは?「24時間待たないと運動できません」

3.STEPN初心者が陥ってしまう開始時の罠

4.STEPNで運動する上での極意8点

となっています。

初心者でも分かりやすく図解で解説していますので、楽しんで欲しいと思います。

 

1.シューズの受け取り方

 

まず、シューズの受けとり方を説明します。

これからは図の番号を参照にしながら説明していきます。

 

送信されたシューズは、ウォレット内にあります。

それなので、①のウォレットを押して、②のSneckersの個数が「1」になっていることを確認してください。

そして②のSneckersを押すと下図のようになります。

 

シューズが個別に出てくるので、③のシューズを押します。

すると下図のようになります。

 

④を押すと、シューズがSpendingに移動するので、これでSTEPNができるようになります。

Spendingに移動する際に少額の0.000005SOL必要となります。

それなので、事前にお話ししていたように、送金をお願いいたします。

 

 

2.シューズのクールダウン「24時間待たないと運動できません」

 

 

シューズをレンタルできても、スグには運動することができません。

なぜなら、レンタル後には「Cooling」というシューズを24時間経過しないと使用することができないからです。

上図を参考にして解説します

「Cooling」を確認するためにはアプリを起動して①を押します。

すると、②が「Cooling」になっています。

※上図ではlevelingになっています💦

HARU
HARU
ここが、24時間後には「Cooling」が外れて、運動可能となります。

 

ちなみに他の番号の開設ですが・・・。

③は1日の最大獲得GSTを示します。

※レベルアップに応じて上昇します。22時に0にリセットされます。

④はエナジーになり、1日の最大運動時間を示します。

※シューズの数で上昇します。

1足⇒2エナジー

3足⇒4エナジー

9足⇒9エナジーというように増えていきます。

1エナジー5分の運動時間となります。

 

3.STEPN初心者が陥ってしまう開始時の罠

HARU
HARU
実はSTEPNを始めてシューズを購入したら、24時間は運動できません💦

 

なぜなら、④のエナジーが24時間経過しないと、満タンにならないからです。

 

※この話は1足目のシューズを購入した人が対象となります。

 

エナジーの回復は6時間ごとに4分の1ずつ行われます。

16時→22時→4時→10時という感じです。

 

HARU
HARU
それなので、最初の1足を買ったら、スグに走る!!って意気込んでしまうと、肩透かしにあってしまいます💦

 

 

注意してください。

 

4.STEPNで運動する上での注意点

シューズの「Cooling」中に運動のための注意点をお知らせします。

これを知らないと、獲得GSTが大幅に減ります💦

 

①速度をまもる

僕の経験上、運動中は一定の速度が獲得GSTが最大化します。

 

下はSTEPNの公式ホワイトペーパーから抜粋した適正スピードになります。

あっちゃん
あっちゃん
これだったら、速ければ速いほど、獲得GSTが増えそうだけど・・・、同なの??

って思うでしょうが、上記スピードで一定の速度を保つことで獲得GSTが最大化します。

 

注意して運動しましょう。

 

②信号では計測ストップ

運動時間中に止まっていたとしたら、先ほどの「一定の速度」を保つことができません。

計測時は信号でストップもしくは信号がないコースを選ぶことが重要となります。

 

 

③なるべく直線的に歩く

STEPNアプリはGPSを利用して速度を計測しています。

GPSの精度はどの機械に入っているものでも曖昧な場合があります。

例えば、歩いていて角を90度曲がったとします。すると、GPSでは若干ショートカットしたような軌道を描く場合があります。

すると、ショートカットした分「一定の速度」が保てない場合がでてきます。

※運動結果をアプリ内で見ることができるのでそちらを参考にしてみてください!!

そういった機械の誤差で、損をしないように、なるべく直線的に運動しましょう!!

 

 

④上部遮蔽物には注意

先ほどもお伝えしたように、STEPNはGPSを利用しています。

GPSを利用するということは、極点な話、「空が見える状態」が一番精度がいいのです。

それなので、屋内、ビルの近く、商店街の中等々上部遮蔽物ではGPSの精度が落ちてしまう可能性があります。

そういった場合は運動するコースをしっかりと検討しましょう。

 

 

⑤Wi-Fiを切っておく

無料のWi‐Fiのポイントにアクセスして、GPSの精度が落ちてしまい、獲得GSTが落ちます。それなので運動前はGPSを切っておきましょう。

 

 

⑥シューズの耐久性は50%をキープ

シューズの耐久性は50%以上をキープしておく必要があります。

なぜなら、50%を切ると、獲得GSTが10%低下するからです。

 

まず、耐久性が減る条件ですが、STEPNで運動をすると、シューズの耐久性が落ちます。

それなので、シューズを修理(リペア)する必要があります。

HARU
HARU
シューズの耐久性低下の確認方法ですが、運動後、下図のような表示が出ます。
HARU
HARU
①が「ー19」となっているので、今回の運動で、19耐久性が低下したということです。

 

では、リペア方法になります。

 

②を押すと、シューズの一覧が出るために、該当するシューズを選びます。

 

 

選んだら、シューズが表示されるので、④を押してリペアします。

 

HARU
HARU
参考にですが、リペアは耐久性が50を切らなければ、いつ行っても構いません。

だけど、僕は運動後、獲得GSTの中からリペアを必ず行っています。

 

その方が忘れないのでいいです。

それなので「運動後」がおススメですね!!

 

 

⑦シューズを複数準備する

先ほども説明したように、シューズを複数準備すると、運動する時間が増えていきます。

HARU
HARU
ちなみにですが・・・。

 

1足⇒2エナジー・・・・10分

3足⇒4エナジー・・・・20分

9足⇒9エナジー・・・・45分

といった形です。

今後の戦略で、どこまで増やしていくことが得策なのかしっかりと考えていきましょう!!

 

HARU
HARU
もちろん、「あなた」は僕のことを頼ってきてくださったので、喜んで相談に乗らさせていただきますよ✨

僕はいつでも「あなたの側に」いますから✨

 

相談はいつでもこちらからどうぞ↓↓

 

 

 

⑧自転車、自動車での計測はNG

自転車、自動車の計測はそもそもNGです。

なぜなら、STEPNの健康意思に反するからです。

 

HARU
HARU
とはいうものの、僕は過去に自転車で走行したことがありました。

そもそも、ランニングやウォーキングの微振動をアプリが感知して「運動している」とみなしているみたいです。

 

あっちゃん
あっちゃん
じゃあ、自転車でも、微振動を与え続けたら、「運動している」とみなされるんじゃなの??

 

HARU
HARU
もー、やめなさいwwこれ以上掘り下げるのは!!

STEPNでは運動をしましょう!!

 

 

まとめ

 

まとめ

1.シューズの受け取り方

2.シューズのクールダウンとは?「24時間待たないと運動できません」

3.STEPN初心者が陥ってしまう開始時の罠

4.STEPNで運動する上での極意8点

①速度をまもる

②信号では計測ストップ

③なるべく直線的に歩く

④上部遮蔽物には注意

⑤Wi-Fiを切っておく

⑥シューズの耐久性は50%をキープ

⑦シューズを複数準備する

⑧自転車、自動車での計測はNG

 

解説は以上となります!

 

いかがだったでしょうか??

実際に歩き方を知らないと、「思ったより稼げないな」ってことが発生します。

HARU
HARU
しかも、GPSの感度によっては毎回同じだけ稼げるとも限りません。

 

機械ものになるので、仕方のないことだと思います。

 

更に、先ほどもお伝えしましたが、速く走ればいいというものでもありません。「一定の速度が大切」です。

HARU
HARU
しかしながら、STEPNの獲得GSTが最大化するスピードは、最適スピードの中間とも言われています。

 

研究してみるもの、STEPNの楽しみですよね!!

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!

 

次回のコンテンツも楽しみにしてください!!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。