コインチェック

コインチェック電気はお得なのか?5つの事実を知らないと確実に損します。

こんにちは!!

Web3.0のシステムを日々使っているHARUといいます。

HARU
HARU
僕はSTEPNっていうBCG(ブロックチェーンゲーム)を行っています!!

 

利益が出まして、1ヵ月でささやかながら約10SOLでした!!

 

※3月5日現在1SOLは1万円です

 

僕のように、web3.0のシステムを使う場合、どこかの取引所を使います。

その際に、「お得に取引所を使いたい」って思いますよね。

 

そこで、「あなた」が目をつけたものがコインチェックの電気です。

 

あなたが気になっているところ

コインチェックの電気を使うことで、何が得になるのかを知りたい。

コインチェックの電気でデメリットになる部分を知りたい。

他社にはない、メリットがあるのなら、コインチェックに決めたい。

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!!

 

 

 

この記事ではコインチェック電気を4点お伝えします。

 

この記事の結論

【コインチェックの電気①】お得になる2つの電気プラン(大手より1~7%お得です)

①ー1 コインチェック電気を使うとビットコインが貯まります。

①ー2ビットコイン決済で電気代が割り引きされます。

【コインチェックの電気②】コインチェック電気は全国で使用できます。

②ー1 北海道 1~7%割引

②ー2 東北  1~5%割引

②ー3 東京/中部 1~6%割引

②ー4 北陸  1~5%割引

②ー5 関西  5%

②ー6 中国  5%

②ー7 四国  5%

②ー8 九州  1~5%

【コインチェックの電気③】丸紅グループが電気を供給

【コインチェックの電気④】デメリット2点

④ー1 1年未満の違約金5400円かかります。

④ー2 格安電気(新規電気参入企業)と比べると高い。

【コインチェックの電気⑤】メリット

⑤-1 ビットコインを貯めることができる。

⑤-1 積み立ててくれるから気づいたときにビットコインが貯まっている。

⑤ー1 大手電気企業と比べてお得な設定になっている。

 

 

 

 

この記事の内容を理解すると、コインチェックに登録することで得れるメリットを理解できます。

 

記事の内容はカンタンで初心者向けに作成しています。コインチェックの利用して、さらにビットコインを貯めたいを考えている人は是非参考にしてみてください。

 

それでは、解説していきます。

 

 

【コインチェックの電気①】お得になる2つの電気プラン(大手より1~7%お得です)

コインチェック電気を利用すると大手電力会社より利用状況に応じて1~7%お得になります。

理由は一つで、コインチェックにお得プランがあるからです。

 

そのプランとは、ビットコイン付与プランとビットコイン決済プランになります。

※このプランは併用できません。

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

①ー1 ビットコイン付与プラン

コインチェック電気は使えば使うほどお得になります。

理由は一つで、電気の使用状況に応じてビットコインがもらえるからです。

 

実際に、プランにもよりますが、1ヵ月の電気使用量が1万円だったとき、

東京電力の従量電灯Bの40Aで契約していた場合、4%の付与率になります。

それなので、400円の割引(ビットコインの付与)になります。

 

HARU
HARU
年間換算すると、4800円の節約になります。また、暗号資産なので価値が上がることが予想できます。

価値が上がった場合・・・、かなりお得になりますよね!!

 

①ー2ビットコイン決済プラン

コインチェック電気は使えば使うほど、割引が受けられます。

理由は一つで、決済をビットコインにするからです。

 

実際に、プランにもよりますが、1ヵ月の電気使用量が1万円だったとき、

東京電力の従量電灯Bの40Aで契約していた場合、4%の割引きになります。

それなので、日本円で9600円分のビットコイン請求になります。

 

あっちゃん
あっちゃん
とはいえ、この2つのプランがあった場合、どちらがお得なのかな??

 

ビットコイン付与プランがお得です。

ビットコインが貯まることとビットコイン自体の価値がアップするからです。

HARU
HARU
ビットコイン決済プランは、口座にビットコインを入れておく手間があり、残高チェックが常にいるので、管理が大変だと思います。

それので、僕は断然ビットコイン付与プランですね!!

 

小まとめ

コインチェック電気にはコインチェックが付与させるプランと割引きされる決済プランがあります。

僕は、ビットコイン付与プランがおススメです。それはビットコインが貯まることとビットコイン自体の価値がアップするからです。

 

【コインチェックの電気②】コインチェック電気は全国で使用できます。

コインチェック電気は全国で使えます。

※離島、沖縄を除く

理由は一つで、サービスが充実しているからです。

しかし、日本全国均一の料金ではなく、地域別になっています。地域別料金割引を解説していきます。

 

②ー1 北海道 1~7%割引

従量電灯B 従量電灯C
30A:1% 40A:4% 50A:6% 60A:7% 7%

②ー2 東北 1~5%割引

従量電灯B 従量電灯C
30A:1% 40A:3% 50A:4% 60A:5% 5%

②ー3 東京/中部 1~6%割引

従量電灯B 従量電灯C
30A:1% 40A:4% 50A:5% 60A:6% 6%

②ー4 北陸 1~5%割引

従量電灯B 従量電灯C
30A:1% 40A:3% 50A:4% 60A:5% 5%

②ー5 関西 5%

平均使用量300kWh以上 : 5%

②ー6 中国 5%

平均使用量300kWh以上 : 5%

②ー7 四国 5%

平均使用量350kWh以上 : 5%

②ー8 九州 1~5%

従量電灯B 従量電灯C
30A:1% 40A:2% 50A:4% 60A:5% 5%

 

このように割引が使用料に適応されます。

自分にあった、契約を行いましょう。

※使用量が多ければ多いほど割引き率が多くなります。

 

小まとめ

コインチェック電気は全国で使えます。

理由は一つで、サービスが充実してるからです。

割引サービスは、日本全国均一の料金ではなく、地域別になっています。

 

 

【コインチェックの電気③】丸紅グループが電気を供給

コインチェック電気は良質な電気になります。

理由は一つで、大手の紅丸グループがコインチェック電気の電気を供給しているからです。

 

実際に、大手の企業が電気を供給してくれたら安心しますよね。まず、電気が来ないというトラブルはないですし、会社自体がつぶれて電気がこなくなることもありません。

HARU
HARU

↓は紅丸グループの概要になります。

大きいですね!!

 

 

会社概要 | 会社情報 | 丸紅株式会社 (marubeni.com)

 

それなので、コインチェック電気を安心して使うことができます。

 

小まとめ

コインチェック電気は良質な電気になります。

理由は一つで、大手の紅丸グループがコインチェック電気の電気を供給しているからです。

【コインチェックの電気④】デメリット2点

コインチェック電気を使う上で、デメリットを2点あげます。

 

「1年未満の違約金5400円かかること」、「格安電気(新規電気参入企業)と比べると高いこと」です。

それぞれ解説していきます。

④ー1 1年未満の違約金5400円かかります。

1年未満だと違約金がかかります。1年以内に引っ越しの予定がある場合は、不向きです。

また、実は違約金を設定していない電力会社はもあります。

このあたりの検討は十分にする必要があります。

④ー2 格安電気(新規電気参入企業)と比べると高い。

他の大手と比べると、大変お得なコインチェック電気ですが、他にも実は格安電気を取扱っている企業はあります。

もしも、ビットコインに興味がなく、電気代をできるだけ安くしたいと考えているのであれば、「あなた」にあった格安電気プランを取扱っている会社を見つけるべきです。

「あなた」にとって、損をしない電気プランを取扱っている会社を選びましょう。

 

 

小まとめ

コインチェックのデメリットは以下の2点です。

1年未満の違約金5400円かかること、格安電気(新規電気参入企業)と比べると高いことです。

 

【コインチェックの電気⑤】メリット3点

コインチェック電気を使う上で、メリットを3点あげます。

 

「ビットコインを貯めることができること」、「積み立ててくれるから気づいたときにビットコインが貯まっていること」、「大手電気企業と比べてお得な設定になっていること」です

それぞれ解説していきます。

⑤-1 ビットコインを貯めることができる。

コインチェック電気を使ってビットコインを貯めれることは大変お得です。

理由は一つで、電気を使ったらビットコインが貯まるので、自分の懐が痛まずにビットコインを貯めれるからです。

 

HARU
HARU
実際、その貯めているビットコインが高騰したら、と思うとワクワクしますよね!!

仮に、下落したとしても、自分のお金で買ったコインではないので、ガチホしておけばいいのです。

コインチェック電気を使ってビットコインが貯まることはメリットしかありません。

⑤-2 積み立ててくれるから気づいたときにビットコインが貯まっている。

コインチェック電気では、毎月毎月ビットコインが貯まり積み立ててくれます。

理由は一つで、電気は毎日使うからです。

実際、毎月のビットコインは500円くらいだったとします。しかし、10ヵ月継続すると5000円分のビットコインになります。

HARU
HARU
5000円分のビットコインを買うことは、少ししんどいですが、毎日電気を使って、積立てで5000円貯まったら、同じ5000円分のビットコインでも積み立てた方がラクですよね。

さらに、ビットコインが高騰したとしたら・・・、夢しかありません✨

 

⑤ー3 大手電気企業と比べてお得な設定になっている。

大手電気企業と比べて、お得な料金設定になっています。

理由は一つで、大手電気企業をベースに割引ているからです。

 

下の表は、各大手電力企業の料金をベースに割引を示しているものです。

※この記事の【コインチェックの電気②】コインチェック電気は全国で使用できます。で解説しています。

北海道 1~7%割引

東北  1~5%割引

東京/中部 1~6%割引

北陸  1~5%割引

関西  5%

中国  5%

四国  5%

九州  1~5%

HARU
HARU
この表からも、お得な設定は十分お分かりだと思います。

 

もし、大手電気企業を使っているのなら、十分お得になります。検討する余地は十分にあります。

 

小まとめ

大手電気企業と比べて、お得な料金設定になっています。

理由は一つで、大手電気企業をベースに割引ているからです。

 

まとめ

まとめ

【コインチェックの電気①】お得になる2つの電気プラン(大手より1~7%お得です)

①ー1 コインチェック電気を使うとビットコインが貯まります。

①ー2ビットコイン決済で電気代が割り引きされます。

【コインチェックの電気②】コインチェック電気は全国で使用できます。

②ー1 北海道 1~7%割引

②ー2 東北  1~5%割引

②ー3 東京/中部 1~6%割引

②ー4 北陸  1~5%割引

②ー5 関西  5%

②ー6 中国  5%

②ー7 四国  5%

②ー8 九州  1~5%

【コインチェックの電気③】デメリット2点

①ー1 1年未満の違約金5400円かかります。

①ー2 格安電気(新規電気参入企業)と比べると高い。

【コインチェックの電気④】メリット

④-1 ビットコインを貯めることができる。

④-1 積み立ててくれるから気づいたときにビットコインが貯まっている。

⑤ー1 大手電気企業と比べてお得な設定になっている。

 

解説は以上となります!

 

HARU
HARU
今回は、コインチェック電気について解説しました。

コインチェック電気の解説を聞くと、ただ単に暗号資産取引所を選んでしまうと、損した気持ちになりますよね💦

なぜなら、今回解説した恩恵があるからです。

コインチェック電気を利用しての最大の恩恵は「ビットコインが貯まる」ことだと思います。

じゃあ、その貯まったコインが貯まり、資産が膨らんでいったらスゴイですよね。

その資産も、お金を出したものではなく、電気を使った利益で運用できているのです。

コインチェック電気のデメリットは解説したとおりですが、メリットの方が大きすぎて気にならないくらいだと思います。

 

これで、「あなたの悩み」の「コインチェックの電気を使うことで何が得になるのか」ということは解決できたと思います。

 

ただ、コインチェック電気はコインチェックに登録しないとできません。

あっちゃん
あっちゃん
じゃあ、コインチェックの登録をしないと!!

 

って思いますよね??

 

別記事で詳しく書いているので、一緒に登録をしていきましょう!!

※初心者でも設定は大丈夫です。安心して設定できます。

 

コインチェック登録の5つの手順。初心者でも大丈夫【最短10分で完了】
コインチェック登録の5つの手順。初心者でも大丈夫【最短10分で完了】 こんな悩みを解決できる記事を用意しました!! なぜなら、実際に僕もこの方法で登録を...

 

ブログ村に参加しています。↓のコマンドを「ポチッ」としていただけたら、大変うれしく思います!!

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。