Web3.0

Web3.0とはをあなたに教えたい。【初心者向け】この5点で全て分かります。

こんにちは。Web3.0のシステムを日々使っているHARUです。

 

いまは分散型取引所(DEX)に仮想通貨を預けて、資産運用しています!!

 

 

※分散型取引所とは、個人で銀行口座を開設して、仮想通貨を預けて運用するシステムです。(今は深堀をしません。この記事で説明していきます)

 

MASA
MASA
最近チョイチョイWeb3.0って耳にするけど、どんな技術で、どんなメリットがあるんだどう・・・。端的に教えてくれないかな??

 

って思っていますよね。それなので、こんな悩みませんか?

 

「あなた」の悩み

・Web3.0のシステムを知りたい人

・Web3.0が何に活用されるのか知りたい人

Web3.0を実際に使ってみたい人

 

HARU
HARU

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!!

 

Web3.0のシステムが分かれば、最先端の技術をつかえます。

更には、先行者利益を得ることができます。

 

MASA
MASA
えっ、先行者利益ってあるの??でもなんだかあやしい・・・。

 

ってやっぱり思いますよね💦

しかし、実際、ぼくも「先行者利益」を受けています。あやしいって思ってしまったら、師情報発信なんかしません。

現実問題、利益は大きいのです!!

このコロナ渦で収益が減ってしまい「何とかしたい」「将来が不安」って悩みをかかえている人がい多いと思います。

その不安を、僕の発信する情報で「解消」してもらいたいです!!

 

 

HARU
HARU
たとえば、先ほど紹介した分散型取引所(DEX)に預けた場合、年利20%はあたりまえな世界です。普通の銀行では年利0.05%だったりしますよね💦

分散型取引所のシステム使用を促進しようとしている側面もあると思います。

ということは、先行者利益が終わってしまったら、利率は下がってしまう可能性もあります。

それなので、今がチャンスなのです!!

 

先行者利益の特集はまた、別記事で書いていきます。

 

この記事では【Web3.0とは】を5つのポイントでお伝えします。

 

この記事の結論

・【Web3.0とは①Webの歴史

  1-1 Web1.0 一方方向の発信

  1-2 Web2.0 双方向の発信(SNSの発展)

  1-3 Web3.0 ブロックチェーンを活用した施術

・【Web3.0とは②Web3.0とはWeb2.0の問題点を改善したものになります。

・【Web3.0とは③Web3.0では個人でネット上の所有権が発生します

・【Web3.0とは④Web3.0の実例

  4-1 NFT

  4ー2 NFTゲーム

  4-3 分散型取引所

・【Web3.0とは⑤Web3.0の課題

  5-1 ウォレット開設の手間

  5-2 ネット上のアイテムを自己管理すること

  5-3 すべてのシステムがWeb3.0になりません。

 

HARU
HARU

どのサイトを見てもWeb3.0って難しく書いています。シロウトでも分かりやすく、丁寧に書いていますので、大変分かりやすいと思います。

この記事を読み終えると、Web3.0が理解でき、自分の生活の中でWeb3.0を活用していきたくなると思います

そして、最短の技術なので早く取り入れれば取り入れるほど、とてもお得になってきます。カンタンなものになるのでぜひ参考にしてください。

 

それでは、解説していきます。

※ここで分散型取引所(DEX)の投資の解説もしますが、投資はあくまで自己責任でお願いいたします。必ず利益が出ると保証するものではありません。

 

Web3.0とは】 5つのポイント

【Web3.0とは①】Webの歴史

Web3.0のみの説明をしてもピンときにくいと思うので、Webの歴史から順に説明していきます。

1-1 Web1.0 一方方向の発信

インターネットが登場した1995年から2005年頃をさします。情報はホームページに載せてある情報を得るのみで一方方向のものでした。

HARU
HARU
この年代に生まれた人も多いと思います。

なかなかピンとこないと思いますが、インターネットができた頃は、今みたいにコミュニケーションを取るツールがありませんでした

 

1-2 Web2.0 双方向の発信(SNSの発展)

2005年から2018年頃をさします。インターネット回線やスマートフォンの普及(SNSの発展)によって、相互に情報の交換ができるようになりました。

※今まで送信ができなかった、画像や動画の送信ができるようになりました。

HARU
HARU
SNSの発信で個人の発信力が増してきたということが言えます。

1-3 Web3.0 ブロックチェーンを活用した施術

2018年から現在になります。ブロックチェーンを活用して中央集権から分散型管理を可能にしました。

MASA
MASA
ブロックチェーンってなんだよ??

 

って思いますよね💦今ここで解説してしまうと、脱線してしまうのでカンタンに説明させてもらいます。

別記事に詳しく書いていますので、ゼヒ参考にしてみてください!!

【ダイエットができないのは肝臓のせい??】注意!!知らないと確実にあなたは太ります。
【NFTとブロックチェーンの関係性】これさえ読めばブロックチェーンが理解できますこんにちは。NFT研究家のHARUです。 前回「NFT」を解説させてもらいました・・・。 まだ、「NFT」の記事を読...
ブロックチェーンとは

 

従来のインターネットは中央にサーバー(例えば、グーグル、アマゾン、アップル)があり、情報を全て管理していました。

サーバーがダウンすると、機能が全てダウンしてしまうことがネックです。

従来のインターネット

しかし、ブロックチェーンでは分散して情報を管理しているので、サーバーがダウンしても、機能がストップしてしまうことがなくなりました。

ブロックチェーン イメージ

 

これがWeb3.0の技術になります。

MASA
MASA
具体性がないから、よくわからないよ・・・。

そもそも、Web2.0で俺は十分満足していたよ!!何がいけなかったの??

 

了解しました!!じゃあ、次に具体例を交えながら「どうしてWeb3.0に移行したのか」を説明していきます。

 

小まとめ

Webの歴史

Web1.0 一方方向の発信(1995年から2005年頃)

Web2.0 双方向の発信(SNSの発展)(2005年から2018年頃)

Web3.0 ブロックチェーンを活用した施術(2018年から現在)

 

【Web3.0とは②】Web3.0とはWeb2.0の問題点を改善したものです。

Web3.0はWeb2.0の問題点を改善したものです。

なせなら、中央集権(グーグル、アマゾン、アップル)に情報が集まり過ぎているからです。

 

MASA
MASA
そう!!ここ!!

さっきも言ったけど、Web2.0でも満足しているから、問題点がよくわからないんだよね💦

 

では、具体的例を出していきます。

 

個人情報の流出

Web2.0はハッキングされると、情報が流出しやすいです。

なぜなら、構造が流出しやすいシステムになっているからです。

たとえば、先ほど、説明した図で解説します。

 

ここにボックスタイトルを入力

 

従来のインターネット

 

中央に情報があつまっています。

なので、ハッカーが情報を取るときに、「中央さえ崩せれば、情報が取れる」となるわけです。

 

現に、過去のニュースでも、フェイスブックがハッキングから個人情報が流出したとか、〇〇銀行から顧客情報が流出したとか報道されていました。

 

MASA
MASA
なるほど・・・。Web2.0は情報が流出しやすい構造になっているんだね・・・。

 

中央集権の利用規約違反でアカウントが「バン」されると、使用されていたものまで「バン」される。

中央集権でアカウントが「バン」されると、使用していたものまで「バン」されます。

なぜなら、所有権が中央集権にあり、個人にはないからです。

※「バン」とはネット用語で、使用禁止となります。

 

MASA
MASA
んん??具体例がないからよくわからん💦

って思いますよね・・・。具体例を出します。

 

たとえば、アマゾンプライムで音楽や映画を購入していたとします。

アカウントが正常なうちは、何度も聞いたり、観たりすることができます。しかし、ひとたび「アカウントがバン」されると、音楽や映画を楽しむことができません。

 

カウントとが閉鎖され、所有していたものまで使えなくなるからです。

 

HARU
HARU
TwitterやYouTubeをしていても、「バン」されると、フォロー、フォロアーを失ってしまいます。

 

こちらも、中央集権に情報管理をされていて、個人に所有権がないためです。

 

では、Web3.0でどのように改善ていくのか・・・。次で解説していきます。

 

小まとめ

Web3.0はWeb2.0の問題点を改善したものです。

なせなら、中央集権に情報が集まり過ぎているからです。

その問題を例に上げると、

個人情報の流出

アマゾンプライム等の中央集権で利用規約違反をした場合、アカウントが「バン」されると、使用していたものに所有権がないためまで、全て使えなくなる。

になります。

【Web3.0とは③】Web3.0では個人でネット上の所有権が発生します。

Web3.0はWeb2.0の問題を改善しています。

なぜなら、情報を分散型にしているからです。

Web3.0の構造を見てもらうと理解が深まると思います。

 

ここにボックスタイトルを入力

 

ブロックチェーン イメージ

 

 

HARU
HARU
たとえば、基本的な「アプリ」はブロックチェーン上に存在しますが、「中央集権」のような、情報を集約する場所がありません。

それなので、仮にハッキングされたとしても、データが出てしまうようなことがありません。

 

※そもそもハッキングもされないようなシステムになっています。

 

MASA
MASA
じゃあ、ネット上の所有権の問題はどうなっているんだよ!!

「バン」されちゃうと、使えなくなるんでしょ??

 

HARU
HARU
って思いますよね!!

なので、所有権が「個人」にあります。

まだまだ、一部のサービスしか所有権が「個人」ありませんが、確実にシステムが構築されています。

 

MASA
MASA
すげー!!近未来的な感じがするねー。

全然実感がないけど、どんなところに、「Web3.0がつかわれている」のかな??

 

では、Web3.0の実例を、次で解説します。

小まとめ

Web3.0はWeb2.0の問題を改善しています。

なぜなら、情報を分散型にしているからです。

情報を分散型にしているので、個人情報の流出やネット上の所有権のなどの問題をクリアできました。

 

【Web3.0とは④】Web3.0の実例

 

では、実例を具体的に解説します。

 

4-1 NFT

NFTはデジタルデータであり、その所有権を個人が管理できます。

個人が所有しているので、仮に「バン」されても「NFT」は個人の所有として残ります。

MASA
MASA
また、新しい用語が出てきた・・・。

NFTってなに??

 

HARU
HARU
だよねー。

NFTとはデジタルデータで、「この世に一つしかないデータで価値がつけられているもの」になります。

NFTは別記事で詳しく書いているので、そちらを見てください!!

 

【NFTとは簡単に解説】これさえ読めば「NFT」の全容が掴めます!!
【NFTとは簡単に解説】これさえ読めば「NFT」の全容が掴めます!!こんにちは。NFT研究家のHARUです。 今、水面下で身を潜めている「NFT」・・・。 端的に説明すると、「NFT」...

 

4ー2 NFTゲーム

Web3.0ではブロックチェーン上でゲームも楽しめるようになっています。

 

HARU
HARU
ゲーム内で発生している「個体」の所有権も個人で管理しています。

 

こちらは、僕がプレイしているアクシーインフィニティというゲームになります。

 

ゲームまだまだ発展途上です。これからオモシロいゲームがどんどん出てくると思います。

 

 

HARU
HARU
余談ですが、Web3.0のゲームはゲーム内の個体がNFT」なので、同じ個体が存在しません。

同じ個体が存在しないので、「個体に価値が発生」して、売買も可能なのです。

 

NFTゲーム(アクシーインフィニティ)は、別記事で詳しく書いているので、そちらを見てください!!

 

https://masaandharunft.com/axie_gameplay12/

 

4-3 分散型取引所  

銀行の預金も自分で管理をします。

 

HARU
HARU
カンタンにいうと、分散型取引所に仮想通貨を預けて資金運用します。

イメージ的には銀行にお金を預けて、利子を頂くことと同じです。

 

その様子が↓になります。

HARU
HARU
銀行の管理は銀行に行かないとできませんが、分散取引所では「ネットで自分でおこなう」ことができます

銀行には個人情報を記入しますが、そういったものは一切ありません。ウォレットアドレスで管理をします。

 

中央集権ではないので、個人情報が流出することはありません。銀行の業務も通常通り行うことができます。

 

※分散型取引所に仮想通貨を預けることが投資になります。投資は自己責任でお願いいたします。

 

小まとめ

Web3.0の実例として、時代にマッチしたものが適合しています。

適合しているものの、例として「NFT」「NFTゲーム」「分散型取引所」があります。

【Web3.0とは⑤】Web3.0の課題

Web3.0の課題として、まだまだ発展途上の技術であることです。

なぜなら、周りに認知されていないからです。

 

MASA
MASA
んん??抽象的過ぎてよくわからないな・・・。

もっと具体的に言ってもらえないかな??

 

すいません💦そうだと思いました💦

 

HARU
HARU
具体例を3点出したので、解説していきます。

 

5-1 ウォレット開設の手間

全てネットで手続きを行っていきます。

ネットに慣れている方は問題ありません。しかし、僕がよく言われるのが、

 

あっちゃん
あっちゃん
よく、そんな訳の分からいものを、さわれるね・・・。私には無理だよ!!

 

ってことです。

 

HARU
HARU
Web3.0は素晴らしいシステムですが、「使う人が不慣れ」だと、不安感から触ろうとしません。

この不安感が課題だと思います。

 

5-2 ネット上のマイアイテムを自己管理すること

あっちゃん
あっちゃん
私、管理しきれないと思う・・・。

実生活の中でも、自分のものをどこに置いていたか、わかんなくなっちゃうんだよね💦だから、管理してくれる方がありがたいなー。

 

実際こういった声も多いように感じます。

 

HARU
HARU
個人情報や、所有権の問題で「個人管理」をした方がいいように思えましたが、「あっちゃん」のように、自己管理が難しい人もいます。

この自己管理がもっとしやすいようにするシステムが望まれるとおもいます。

 

※実際はデジタルデータを管理するため、ウォレットと紐づいてウォレット管理ができているはずですが、不慣れな人は難しかったり、面倒といった抵抗感があるようです。

 

5-3すべてのシステムがWeb3.0になりません。

あっちゃん
あっちゃん
全てのネットシステムがWeb3.0に変わっちゃうの??

 

っておもいますが、そんなことはありません。

 

システム上、マッチしそうなものにシステムが適応されていくイメージです。

(代表例としては上で解説したものになります)

 

 

それなので、僕はいろんなWeb3.0のシステムを触って慣れておくことが重要だと思います!!

 

 

小まとめ

Web3.0の問題点として3点例に上げます。

①ウォレット開設の手間。

②ネット上のマイアイテムを自己管理すること。

③すべてのシステムがWeb3.0にならないことです。

 

Web3.0とは】 5つのポイント まとめ

まとめ

Web3.0とは①Webの歴史。

Webの歴史

Web1.0 一方方向の発信(1995年から2005年頃)

Web2.0 双方向の発信(SNSの発展)(2005年から2018年頃)

Web3.0 ブロックチェーンを活用した施術(2018年から現在)

Web3.0とは②Web3.0とはWeb2.0の問題点を改善したものになります。

Web3.0はWeb2.0の問題点を改善したものです。

なせなら、中央集権に情報が集まり過ぎているからです。

その問題を例に上げると、

個人情報の流出

アマゾンプライム等の中央集権で利用規約違反をした場合、アカウントが「バン」されると、使用していたものに所有権がないためまで、全て使えなくなる。

になります。

Web3.0とは③Web3.0では個人でネット上の所有権が発生します。

Web3.0はWeb2.0の問題を改善しています。

なぜなら、情報を分散型にしているからです。

情報を分散型にしているので、個人情報の流出やネット上の所有権のなどの問題をクリアできました。

Web3.0とは④Web3.0の実例。

Web3.0の実例として、時代にマッチしたものが適合しています。

適合しているものの、例として「NFT」「NFTゲーム」「分散型取引所」があります。

Web3.0とは⑤Web3.0の課題。

Web3.0の問題点として3点例に上げます。

①ウォレット開設の手間。

②ネット上のマイアイテムを自己管理すること。

③すべてのシステムがWeb3.0になりません。

 

解説は以上となります!

 

MASA
MASA

ボリュームが大きすぎて頭がパンパンになったよ。

HARU
HARU
Web3.0って新しいシステムで、不慣れだから、なかなか頭に入ってこないよね・・・。それが、壁になって、「めんどくさいから、やらなくてもいいや」って思います。

しかし、さっきもお伝えしたように、新しいシステムには先行者利益が必ずあります

たとえば、

日本初!DEP(ディープコイン)取扱い開始予定のお知らせ~取扱い開始記念!5つのキャンペーンも同時実施~ 2022.01.20 | 【BITPoint】暗号資産(仮想通貨)ビットコイン取引ならビットポイント

 

このように、金利が100%になっています。

 

MASA
MASA
100%はすごいなー。マジでヤバい!!

 

って思います。こういった先行者利益がまだまだたくさんあるので、これからも、情報発信をしていきたいと思います。

先行者利益を得るためには、まず、国内の仮想通貨の取引所に登録する必要があるので、まずそこからの勉強だと思います。

※仮想通貨を交換するために、登録の必要があるため。

 

別記事で、詳しく取引所について解説していますので、読んでください!!

 

コインチェック登録の5つの手順。初心者でも大丈夫【最短10分で完了】
コインチェック登録の5つの手順。初心者でも大丈夫【最短10分で完了】 こんな悩みを解決できる記事を用意しました!! なぜなら、実際に僕もこの方法で登録を...

 

MASA
MASA
新しいシステムで、「そうなんだ!!」って感心するより、さらに踏み込んで、先行者利益を得た方がいいね!!

ありがとうHARU!!

これからも有益な情報を期待するぜ!!

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!

 

一緒に「先行者利益」を得ていきましょう!!

 

ブログ村に参加しています。↓のコマンドを「ポチッ」としていただけたら、大変うれしく思います!!

 

追伸

「あなた」はweb3.0のテクノロジーの新型ブラウザ「Brave」を知っていますか??

 

このブラウザは、web3.0のテクノロジーを使って、広告が表示されません。

 

広告が表示されないということは、「個人の情報が守られていること」になります。

 

あっちゃん
あっちゃん
それがどうつながるの??

 

って思いますよね💦

Braveを別記事でまとめているので、勉強熱心な「あなた」はぜひ読んでください。

 

https://masaandharunft.com/web3-0_brave_feature/

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。